ルアーアングルハマ

【完成形!フラットフィッシュに最適!】Glidy/グライディー O.S.P/オーエスピー

osp_glidy

850円(税込935円)

15g
20g
25g
30g
40g
サイズ
購入数

メーカー
O.S.P/オーエスピー

アイテム
Glidy/グライディー

超スライドフォール!
グライディーは東京湾アイランドクルーズ遠藤正明氏と共同開発したフラットフィッシュ用のジグヘッド。
超低重心設計という特徴的な形状で、この形状とフックアイのバランス、ワームの抵抗で、
テンションフリーでの大きなスライドフォールを可能にした。
スライドフォールの利点は様々で、垂直フォールに比べ水中での滞空時間が長くなるので、
対象魚に発見されやすくなったり広範囲にサーチが可能となる。
着底後はワームが少し浮いた状態でやや前傾姿勢となり、
ヘッドの姿勢と重みでフックが食い込みやすくなるバランスでデザインされており、
対象魚の口へのかかり方も抜群。
フックはがまかつ社ケン付きタチウオSTRというフックをベースに特注で生産したオリジナルフックで、
ロングキャストでラインスラッグが出ている状況でも鋭いフックがしっかりと掛ってくれる。
ワインド的にも使用可能で手前によりにくいダート性能を発揮。
高い操作性と取るための性能が濃縮されたのがグライディーだ。

■開発コンセプト&開発経緯
ソルトシーンで一定の評価を得ていたO.S.Pデザインのワームだが、
ワーム性能をさらに活かすジグヘッドが無いかと模索している最中に、
O.S.Pプロスタッフ遠藤正明氏(アイランドクルーズ船長)から
こんな形状のジグヘッドがあったらいいなと提案をいただいたのがキッカケだった。
遠藤船長の狙いは、東京湾のマゴチをより釣るためのジグヘッド。
マゴチはルアーに対して前アタリがある場合が多く、ノセあわせの醍醐味こそあるが、
掛けようとしても中々掛かりきらないことが多い。
もちろん、アシストフックなどを装着したりアングラー側の工夫は絶えないが、
O.S.Pチームオーシャンメンバーや開発サイドの意見をまとめた結論としては
シンプルにシングルフックで掛けられるセッティングこそ至高、となりそこを目指した。

.椒肇爐任了兩→グライディーはボトムで若干浮きつつ前傾姿勢になるヘッド形状、
魚の重み&反転で食い込んでくれるレベルの鋭く粘るフックを採用。

⇒銅呂覆ぅ侫襯ャストと前アタリでワームをずらさないためのペグホール

6畧楡鐺でも対象魚の判断を惑わす&使い手が自信を持てる3Dアイ

せ迭櫃韻硫椎柔を広げるアシストアイ(ブレード装着など)

など実釣に必要な要素を注ぎこみベストなセティングに仕上げられた。
テスト段階で明らかな釣果差を感じつつ、そこまで言い切れるのは圧倒的な
釣り込みによるフィールドでの評価以外に他ない。O.S.Pチームオーシャンメンバーも唸る仕上がりとなった。

■使い方及び想定するシチュエーション
・東京湾ボートマゴチ・・・水深5m〜15mの砂地で、基本的なウェイトは25gか30g。
潮が緩くしっかりとボトムが取れるなら軽くしていき、そうでなければボトムが取れるウェイトが基本。
ロッドは7ft、ML程度のロッド。専用ロッドはまだ多くないので、シーバスロッドを兼用でOK。
強いて言うならば、ティップは柔らかく、ベリーで掛けられるぐらいのテーパー。
スピニングPE1号+リーダー16lb程度。

・東京湾ボートシーバス・・・キャストしボトム着底後ただ巻きが基本。
アシストアイにスプリットリング+ローリングスイベル+#6程度のトリプルフックのセッティングも◎。
ボートシーバスなら6.6ftML〜M、ライン1.5号+リーダー16lb〜20lb.程度。

・ジグヘッド+ワームを使うような釣り全般に対応

【3パックまでゆうパケット便発送可能】
サイズ
15g
20g
25g
30g
40g

カテゴリーから探す